社長の息子のセクハラを受け入れフェラ抜きするOLの山井すず

父親の会社を見学しにやってきた社長の息子が、親が海外へ出張中に次期社長の特権を利用して、社内のミニスカOLたちにエッチなイタズラをしまくるという作品。彼は自分の面倒を見てくれる女性として、新入社員の山井すずを指名した。すずはスレンダーで背が高く、スーツがとても良く似合う女性だ。そんな彼女の元へ早速やってきた社長の息子。彼はすずに対して最近仕事上のミスが多い事を指摘した。そしてそのミスの原因は「いつもいやらしい事を考えているからだ」と言った。すずはもちろん「そんなことはありません」と否定したが、いつも履いているスカートの丈は異常なほど短かった。それについても指摘されると、書類を書いている最中ではあったが「ちょっと立ってみて」と言われ、パンストで覆われた引き締まった長い脚やお尻をたっぷり弄られてしまった。

 

イタズラをしてきたのが社長の息子ということで抵抗などはできるはずがなかったが、すずは触れられて不思議と嫌という気持ちはあまりなかった。スカートをめくられると流石に恥ずかしかったが、お尻や股間を優しく撫でられると密かに気持ちの良さを感じていた。やがてすずは、彼のブリーフの中に無理やり手を入れさせられ、ペニスを握るように言われる。「おっきくなってます…」こう言いながらしごいていると、最後は勃起したおチンチンを「フェラチオして」と要求される。すずは「会社内でこんな卑猥な事をしてもいいんですか?」と聞いたが、社長の息子は「僕が命令したんだから大丈夫」と答えた。彼は献身的で巧みなフェラにより数分で射精感が込み上げてきた。そして欲望のままに口内射精をした。

 

※この動画は作品のホルダー様から特別に提供されたものであり、許可をいただいた上で紹介をしております。

 

動画はこちらをクリック

 

動画の高画質完全版はこちら