裸で押しかけたら勃起した入浴中の義父をフェラ抜きする奏音かのん

かのんには母親の再婚によって新しい父親ができたが、義父は頼りない男であった。ある日、かのんは義父が入浴中にもかかわらず全裸で風呂場に入っていった。最初は義父が上がるのを待っていたようだが、どうやら待ちくたびれてしまったようだった。義父は突然娘が入ってきたので驚いていたが、裸を見て思わず勃起をしてしまった。それに気づいたかのんはイタズラがしたくなり「ちょっと見せてよ」と言いながら下半身を必死に隠していた義父の手を強引にどかした。

 

かのんは「見てるだけだから」と言っていたが、立派なおチンチンを興味津々に弄っていた。そしていきなりフェラチオをし始めてしまった。義父は「一応親子だから…」と言って制止するもかのんは首を横に振って全く止める事をせず、義父の反応を楽しんでいた。やがて義父はイキそうになり、それでも離そうとしないかのんに口内射精をすると何故かちょっと怒られてしまった。

 

後日、かのんの部屋に義父が母親からの伝言を伝えにやってきた。かのんはこれから外出しようとしていたのだが義父と少し会話をした後、いきなりパンツを脱ぎだして「この前気持ち良くしてあげたでしょ?だから…」と言ってクンニを要求した。かのんは予想以上に上手かった義父の舌技に満足すると、彼へのイタズラを益々するようになり、その内容もどんどん過激なものへとなっていった。

 

※この動画は作品のホルダー様から特別に提供されたものであり、許可をいただいた上で紹介をしております。

 

動画はこちらをクリック

 

動画の高画質完全版はこちら