フェラとお尻を両方楽しませながらきっちり抜いてくれる巨尻美女達

ご覧いただきありがとうございます。今回はAVレビューの第17回目として、2018/10/25に発売のアロマ企画さんからリリースされている「フェラチオ株式会社 エロ尻課 2」の内容を詳しくご紹介。出演は6名の女優さん。

 

 

サンプル動画や作品の詳細はこちらから

 

「フェラもお尻も両方見て楽しみたい」という2つの願望を同時に満たしてくれるようなアロマさんのフェラチオ特化作品。更に本作品ではこれに加えて全員が口内射精をさせているため、3つの願望を満たしてくれていると言っても過言ではないかもしれません。本編には6つのシーンがあり、6回ある射精は全て女優さんのお口の中へ。以下で各女優さんのシーンの大まかな内容をそれぞれご紹介。

 

1人目(星咲伶美)
薄いグレーのスーツとセクシーなパンストを着用。「周囲に人がいないオフィス内で美人OLがこっそりフェラチオしてくれる」というようなシチュエーション。お尻は、椅子に座った状態でのパンスト越しのものと最後のオレンジのTバックで強調された四つん這いでの生尻が特にいい感じで撮られているかなと。ちなみにお尻だけでなく、女優さんは太ももも結構な肉感がありムッチムチ。フェラに関しては体勢を何度も変えながら基本はゆっくりねっとりで長時間しゃぶり、最後は手を使う激しめの口淫で仰向け状態の男優を口内射精に導く。

 

 

2人目(仁科りえ)
「黒いストライプのスーツにミニスカ、ピンヒールを履いた女上司が、ご褒美にオフィス内で内緒でフェラチオしてあげる」というようなシチュエーション。四つん這いや立った状態で突き出し、強調したお尻はなかなかの美尻。コキュコキュと音を立てるフェラは派手さはないがかなり気持ち良さそうであり、フィニッシュは口だけを使って口内発射。

 

 

3人目(ひらり)
ピンクのシャツに黒のタイトミニを履いた若くて美人な女子社員がソファーでフェラ。服装はシンプルだがパンツは派手な柄物を着用。濃厚な超ねっとりフェラと引き締まった綺麗な下半身を同時に見ると興奮度は増大。お尻はスカート越しでしか見れないが、この女優さんは脚がメチャクチャキレイなので必見。フェラは最後まで焦らすようにしゃぶった後、小刻みにお口で刺激してそのまま射精をさせる。

 

 

4人目(永峰みずき)
「首に大きなリボンを着けた可愛い系の女子社員がソファーでフェラチオしおもてなしをする」というようなシチュエーション。下半身は白黒のタイトミニにパンストを着用。ブルーの派手なパンツを履いたお尻は大きく、こちらはスカートとパンストを捲り上げてしっかりと見せてくれる。この美巨尻を堪能しながらシックスナインをしたら最高でしょう。長時間のノーハンドフェラで徐々に射精感を高め、膝立ちにさせた男優のザーメンをお口のみで搾り取る。

 

 

5人目(本真ゆり)
社員用の制服のようなものを着たムチムチ美女が食卓のような所でフェラ。彼女は唯一ヒールを履かずにビジネス用のサンダルのようなものを着用。下半身には圧倒的な肉感があり、お尻は言うまでもなく巨大で形も美しい。エッチな声を漏らしながらするフェラは上手で、身体全体を使ってしゃぶるのがとてもいやらしく、油断していると暴発してしまいそう…。終盤は男優のイキそうな雰囲気を察してから、お口のストロークを速くして口内射精。

 

 

6人目(有坂つばさ)
薄いベージュ色のスーツを着た濃い目のメイクを施した巨乳美女がソファーとテーブルでフェラ。キスと密着で勃起をさせると、ズボンのチャックからイチモツを引っ張り出していやらしい舌使いとお口でペニスを刺激。パンツはTバックではなく、お尻のサイズはかなり大きめ。テーブル上で四つん這いになってしゃぶるノーハンドフェラはもの凄く気持ち良さそうで、フィニッシュ時は男優が絶叫して腰を痙攣させながら口内射精。

 

 

【総評】
タイプの違うエッチなお尻を様々なアングルで楽しませつつ、最後は全員がしっかりと口内射精をさせている良作。管理人は尻フェチという訳ではありませんが、フェラの合間にお尻の映像が途中で入ってきても全く不要とは思わず、むしろ興奮度が増してきたので、見せ方が上手な良い構成になっていると感じます。

 

個人的な感想になりますが、特にお尻が素晴らしかったのは4人目の永峰みずきさん。フェラが上手いと感じたのは5人目の本真ゆりさんと最後の有坂つばささん。総合的なバランスに優れ、フェラもお尻も良いと思ったのは1人目の星咲伶美さんという感じです。この辺は見る人によってそれぞれ違うとは思いますが、本作は単なるフェラ特化作品として見た場合にも良質な部類に入るのは間違いないでしょう。「フェラ好きかつ尻フェチ」という方には特におススメできる内容になっていると思います。

 

作品本編の詳細はこちらから(fanzaへ)