ご覧いただきありがとうございます。今回はAVレビューの第83回目として、2020/12/01にムーディーズさんからリリースされている「1000円カットのおネエさんにスいてもらう本。実写版」の内容をご紹介。出演は吉根ゆりあさん。

 

 

サンプル動画や作品の詳細はこちらから

 

【概要】
無口な爆乳理容師との淫行を描いた超人気漫画を実写化した作品。

 

内容は、ネットの噂を頼りに下半身のお世話をしてくれる千円カットにやってきた男が、そこで働く肉感ボディのお姉さんから秘密のサービスを受け、セックスなどで好きなだけ射精しまくるというもの。

 

実写化した本作は大変な人気があり、動画のお気に入り登録数は約5万4千(2021/03/18現在)という物凄い数になっております。

 

動画には初めて来店した時の一回目とその一か月後の二回目に来店した時の様子が収められており、プレイ内容に関してはセックスがメインですが、中にはフェラ抜きやパイズリでの挟射もあります。

 

気になるフェラ抜きのシーンは一番最初にあり、ここでは二回連続抜きをしているため、口内射精は2回となります。

 

今回はこのシーンをピックアップし、以下で大まかな内容をご紹介します。

 

シーン1(二回連続フェラ抜き)
サンプル動画では一番最初のシーン。

 

散髪中はエロ行為を匂わせる行為はなかったが、男性客が終了後に「あの…下の方もスいてもらえると聞いたんですけど…」と聞いてみると、お姉さんは「はい、大丈夫ですよ」と声のトーンは変えずに淡々と答え、すんなりと男の股間をゆっくり擦り始める。

 

しばらく擦った後、お姉さんは「では…脱いでいただけますか?」とズボンを脱ぐように促し、同時にノーブラの爆乳を露わにする。

 

「(男性器を)拭いたりはしないんですか?」と聞かれると「大丈夫そうなので…」と返し、男の表情に視線を送りながら手コキをした後、マスクを少し上にずらして「では失礼しますね」と言って上目遣いでフェラ。

 

「凄く上手ですね」と褒められても無言のお姉さんは「ご自由にどうぞ」と胸を好きに揉ませながらフェラチオをし、口の中に一度射精された後も「まだ大きいままですね」と言って表情を変えずにしゃぶり続ける

 

男は二度目の口内射精をするとこれで終わりと思っていたが、お姉さんは「口だけでよろしかったですか?」「この後お客様もいないので、この続きもできますがどうされますか?」と言って男を更なる淫行へと誘う。

 

 

【総評】
管理人は原作を見ておりませんが、それでも凄く楽しめた作品です。フェラメインの内容ではないため、いつもの様な評価はできませんが、無口な爆乳お姉さんとの濃密な淫行にはかなり興奮できるものがあると思います。

 

女優さんは胸だけでなく、下半身の肉感も凄いものがあるので、これを見て初めて知ったという方でも良いと思える人が多いでしょう。

 

無口という設定なので女優さんが責められる際「気持ちいいですか?」などと聞かれても基本的に答えることはないですが、抑えきれない快感から控えめな喘ぎ声が思わず漏れてしまっているのがいい感じです。

 

おススメのシーンは先ほどご紹介した二回連続フェラ抜きシーンはもちろんですが、ヘッドスパの時にしてくれるパイズリフェラや若干笑みを浮かべながらのフェラシーンも良いです。

 

また、ヘッドスパでのパイズリでは勢い良く暴発をさせるのですが、無言でお掃除をしてくれるのにもエロさを感じます。

 

特化作品ではありませんが、「無口でスケベな爆乳美女」というワードにグッと来る方は、チェックして損のない作品だと思います。

 

作品本編の詳細はこちらから(fanzaへ)