サンプル動画

 

ご覧いただきありがとうございます。今回はAVレビューの第111回目として、2020/10/07にアロマ企画さんからリリースされている「ヤンキー座りでこっそり一服フェラ」の内容を詳しくご紹介。出演は6名の女優さん。

 

 

サンプル動画や作品の詳細はこちらから

 

【概要】
アレよりもおチンチンを吸うのが好きなヤンキー女子が、パンチラ全開のヤンキー座りをしながらフェラチオしまくる作品。

 

ヤンキー座りをしながらのフェラというのは全員共通ですが、皆がヤンキーというわけではなく、中には口調や態度が普通の子も存在します。

 

ちなみに商品ジャケットにメインとして大きく載っているのは美甘りかさんで、彼女は一番最初のシーンに登場します。

 

また、二番目のシーンのみ2人の女優さんが登場し、ここに出演しているのは若槻さくらさん(画面左)と水沢つぐみさん(画面右)となります。

 

以降の出演女優は中条カノンさん、水希悠さん、柚奈れいさんという順番になります。

 

本編には全部で5つのシーンがありますが、各シーンで2回以上の射精をさせていることもあり、射精回数は11回となります。口内射精は5回です。

 

残りの内訳は舌上射精が4回で、他には口周りへの射精や左右からのWフェラによる射精があります。

 

更に、本作にはごっくんシーンもあり、こちらは6回ほど存在します。

 

以下で一番最初のシーンのみ、簡単に内容をご紹介します。

 

シーン1(美甘りか)
彼氏の前では清純派ぶっていて大人しいヤンキー彼女が、ストレスが溜まっていることと、真面目な彼氏がフェラをさせてくれないことから、カフェで店員のおチンチンをしゃぶってしまうシーン。

 

「ちょっとトイレに行ってくるね」と彼氏に嘘をついて席を立った彼女は、男性店員のいるキッチンの中へと入っていき、いきなりズボンを下ろす。

 

無抵抗な店員の立派なモノに感激し、態度や口調が豹変したヤンキー彼女は、可愛いパンツを露わにしながら満足するまでフェラチオをする。

 

一発目は上目遣いで笑みを浮かべながらの口内射精。舌を出して見せたザーメンをごっくんすると、「まだ飲みたい」「もっと吸わせろよ」と言ってしゃぶり続ける

 

二発目へ向かう過程では、自分の身体や股間を弄りながらフェラをし、フィニッシュは大量の舌上射精。ここでも精子を飲み込む。

 

 

【総評】
タイトルや作品紹介を見るとおバカ要素が満載ですが、内容はしっかりとしたフェラ作品であり、二回連続抜きやごっくんもあって全体的に良いです。

 

ただ、商品ジャケットにも載っている一番最初の美甘りかさんのシーンがとても良かっただけに、これを見た後に以降のシーンを見ると、やや物足りなさを感じてしまうかもしれません。

 

二番目以降のシーンも決して悪くはないのですが、特にシーン3、4、5のフェラのエロさがもう少しあれば、迷わず良作と言える内容だったかと思います。

 

作品のコンセプトは少し変わっていますが、各シーンはフェラに至るまでの過程がしっかり描かれていてなかなか面白いです。全シーン1回の射精では終わらないので、連続抜きが好きな方は特に楽しめる作品だと思います。

 

作品本編の詳細はこちらから(fanzaへ)