ご覧いただきありがとうございます。今回はAVレビューの第119回目として、2020/08/01にOFFICE K’Sさんからリリースされている「夏だ!ち○こだ!黒ギャルだ!!黒ギャルフェラチオ祭り!!ベストコレクション!!40人 5時間」の内容を詳しくご紹介。出演は40名の女優さん。

 

 

サンプル動画や作品の詳細はこちらから

 

【概要】
黒ギャルのみのフェラチオシーンを集めた約5時間のベスト版。

 

40名の大人数ですが、各シーンの開始前には女優名がテロップで表示されます。

 

女優さんは脱衣をする人が多く、巨乳の女優さんも沢山登場します。また、中には舌ピアスを着けている人もいますので、これによるフェラにも注目です。

 

フェラチオの体勢は色々ありますが、仁王立ちフェラでフィニッシュするパターンが多めです。

 

本編での射精回数は、二本抜きをする女優さんが1人いるため41回になります。

 

口内射精は8回です。具体的なメンバーは、舌ピアスを着けた4人目のつばささん、13人目のさくら悠さん、23人目のRINOさん、24人目の花澤千夏さん、27人目の藤本紫媛さん、29人目の内村りなさん、34人目の木崎レナさん、最終シーンでWフェラをしてくれる藤井あいりさんとなります。

 

この中で更にごっくんまでしてくれる女優さんは、13人目のさくら悠さんと23人目のRINOさんの2名になります。ただし、RINOさんは口の中の精子を見せる前に飲んでしまいます。

 

その他の射精の内訳は、メインとなる顔射が18回、手コキ射精が8回、舌上射精が4回、分類不能なパターンが3回となります。

 

 

【総評】
エロいフェラをする女優さんが沢山いるのは良いのですが、射精時は男優が「顔に出していい?」と言ってから自分でしごいて女優さんの顔に発射するというパターンが目立って多いため、顔射が好きな人に最も向いている作品と言えるかと思います。

 

口内射精に関しては多くはないですが、5人に1人くらいの割合で存在し、良いと思えるシーンも恐らく見つかると思いますので、口内好きの方にも全く向いていないという訳ではないです。

 

ただ、40名という大人数のため、個人的にはもう少し回数が欲しかったかな…とは思います。

 

特に印象に残ったのは、おっぱいを揉ませながらフェラ抜きをしてごっくんをするさくら悠さんのシーンや痴女感たっぷりの内村りなさんのシーン。また、Wフェラでありながら、お口の中で射精を受け止めてくれる藤井あいりさんのシーンなどがあります。

 

加えて、ザーメンを見せる前に勢いで飲んでしまったRINOさんのシーンも中々良いかと思います。

 

残念だったのは、手コキ射精のシーンがそれなりにあるという所です。特に射精前のフェラが上手だったりした場合は、ガッカリ感がかなりありました。

 

恐らくですが、ギャルのフェラと顔射が好きな方にとっては、本作を良作だと感じる可能性は高いでしょう。

 

口内好きの方にとっても悪くはない作品ですが、やはり「男優が自分でしごいて放出」というパターンが多いため、これにはストレスを感じてしまうかもしれません。

 

作品本編の詳細はこちらから(fanzaへ)