サンプル動画

 

ご覧いただきありがとうございます。今回はAVレビューの第279回目として、2024/05/14から先行公開されているSODクリエイトさんの最新作、「アトラクション型エンターテインメントフェラチオ競技 F-スポーツ」の内容を詳しくご紹介。出演は8名の女優さん。

 

 

作品本編の詳細はこちらから

 

【概要】
フェラをスポーツ、競技として扱い、早抜き対決などの様々なバトルで楽しませてくれる、フェラチオ特化の企画作品。

 

対決はトーナメント方式で、1回戦から決勝までの3回のバトルがあります。

 

内容は、射精量を競う対決、より短時間でのフェラ抜きを目指す早抜き対決、総合的な技術点を競うフェラテク対決があります。

 

本作のフィニッシュは口内射精に完全特化しており、回数は27回もあります。

 

動画内で説明はありませんでしたが、発射は全てお口の中で受け止めるルールになっているようです。

 

以下で各シーンの内容をそれぞれ簡単にご紹介します。

 

1回戦(ザーメン借り対決)
制限時間20分。AブロックからDブロックまでの4つの対決あり。

 

女優さんは、30人の男優の中から1人を選出し、ステージ上でフェラ抜き。

 

選出の際に味見はOKだが、射精させたら失格。途中で男優のチェンジもOK。

 

口内発射させた射精量が多い方が勝ち。ザーメンを入れる試験管が何故か小さい(笑)。

 

 

 

 

2回戦(早抜き対決)
仰向け状態の男優をフェラ抜きしていき、先に5本射精させてボタンを押した方が勝ち

 

オプションとして、30mlのローションを好きなタイミングで使用可能だが、手コキのみでの射精は無し。

 

お口の中で受け止めたザーメンは、シャーレに垂らして次のチンポに移動。

 

 

 

 

決勝戦(フリースタイルフェラチオ対決)
時間無制限。全てのフェラ技を見せて芸術点を競う。

 

「どちらにフェラチオされたいか」という点で審査員と視聴者に投票してもらい、投票数で勝者が決まる

 

決勝は1回戦、2回戦と違って実況がないのがポイント。やや痴女的なフェラでじっくり時間をかけてしゃぶり、最後はお口の中で濃い一発を搾り取る。

 

フィニッシュパターンは男優仰向けと仁王立ちの2つのパターンあり。もちろんどちらも口内発射。

 

「お口に出されるの大好きなの」などのフィニッシュ直前の言葉責めにも注目。

 

 

 

【総評】
SENZの作品らしく、楽しみながら視聴できて、なおかつしっかり興奮も得られる内容です。

 

射精量の多さや技術点で競ったり、早抜きで競うシーンが収録されていますが、これらを見ていると、フェラが本当にスポーツとして成立するのではと思えてしまうほどです(笑)。

 

決勝まで勝ち残れるのは2人だけですが、途中で敗退してしまう女優さんの中でも上手い人はいるので、お気に入りの女優さんが勝ち残ることを祈りながら視聴するのも楽しいでしょう。

 

個人的に面白かったシーンは、2回戦の早抜きです。割と接戦になるので最後まで見応えがあります。

 

もちろん短時間での発射もありますし、乳首責めフェラ抜きやパイ揉みフェラ、言葉責めなど、早抜きするための女優さんのテクニックにも注目です。

 

ただし、1回戦と2回戦は男性解説者の実況があるため、抜き所としては使うのは人によっては中々難しいかもしれません。

 

決勝戦のフリースタイルだけは実況がないので、男性の声が気になる人は決勝戦が抜き所となるでしょう。

 

フェラテクを競うというような企画物の作品は最近では結構珍しいと思いますので、面白そうと思ったフェラ好きの方は気に入る可能性は高いと思います。

 

男性解説者の実況の多さは多少気になりますが、企画自体は非常に面白いですし、なおかつフェラチオと口内発射にとことん特化しているので、個人的にはかなり楽しめた作品です。

 

作品本編の詳細はこちらから