溺愛する一人息子ということもあり、一緒に風呂に入ることは当たり前になっている母親。息子には最近好きな子ができたようで、おチンチンを洗ってあげている最中に「お母さんとその子、どっちが好き?」と聞いてみる。最初は「そんなの分からないよ…」と言う息子だが、「やっぱりお母さんかな」と答えてくれると嬉しくなり、ペニスを弄る手付きがどんどん卑猥になっていく。お湯で流した後、まだ勃起状態にある立派なモノに興奮したママは、口に含んでフェラチオをし始め、未体験の快感に身を委ねる息子の射精を口の中で受け止めてあげる。

 

動画の高画質完全版はこちら

 

息子の大きすぎるチンポが気になって… デジタルモザイク匠 冴島かおり汁濁白濁濃厚フェラチオBEST 80名