広島弁が可愛い彼女の七瀬ひなのフェラを久々に堪能し口内に暴発

広島弁がやたら可愛い七瀬ひなの主観作品。地方から東京までわざわざ会いに来てくれた遠距離恋愛中の彼女を熱演してくれている。久々に会えた嬉しさからか公園ではしゃぐ彼女だが、「お腹が空いた」「お酒が飲みたい」と言い、やって来たのはラブホ。動画は、一緒にお酒を飲んだ後、一発エッチをした後のシーンである。セクシーな下着に着替えた彼女と今度は風呂に入ることになり、下着を着たまま入浴してと頼んでみたらそのまま湯船に浸かってくれた。ここで乳首をメインにおっぱいを弄ってあげると気持ち良くなってくれたようで、お返しに身体を洗ってくれることに。

 

何故か仰向けにされると、真っ先に洗ってくれたのは何とおチンチン。当然だがすぐに勃起をしてしまった。すると手だけではなく胸も使って洗ってくれ、お湯で流した後は何も言わなくても「舐めてあげるね」とフェラチオを開始。ギンギンにカタくなったペニスに触れることで、どうやら彼女も発情してしまったようである。しばらくしゃぶった後、「今まで恥ずかしくて言えなかったことがある」と何か言いたそうにする彼女。「実は私…おチンチンを奥まで咥えるのが好きなの」と照れながら言う彼女は更に「好きだから咥え込むと自分も気持ち良くなるの」と言いながら喉奥の方までペニスを挿入して深フェラでたっぷり気持ち良くしてくれる。

 

ちょっと苦しそうにしながらもガッツリ咥え込んでくれるフェラは刺激がかなり強く、続けられているうちに我慢できなくなり、黙って突然口内射精。「イク時は言ってや」という彼女だが全く怒ることはなく、暴発というハプニングを楽しんでいるようで、何だか嬉しそうでもある。この前に一回エッチをしているため、これで実質二回目の射精になるのだが、ここまで尽くしてくれる可愛い彼女がいたら、限界まで禁欲した末に、空っぽになるまで何発でも発射したいと思えるものである。

 

※この動画は、コンテンツ提供者様から許諾をいただいた上で紹介をしております。

 

動画はこちらをクリック

 

動画の高画質完全版はこちら