先の尖った綺麗な長舌を駆使する希咲あやのごっくんフェラが凄い

ご覧いただきありがとうございます。今回はAVレビューの第19回目として、2017/08/11に発売のレアルワークスさんからリリースされている、希咲あやさん出演の「ちんシャブ大好き女」の内容を詳しくご紹介。

 

 

サンプル動画や作品の詳細はこちらから

 

フェラ好きから多くの支持を得ている大人気シリーズ。本作品では長身美脚の綺麗なお姉さんという感じの希咲あやちゃんが、先の尖った長舌を駆使するフェラでザーメンを何発も搾り取り、美味しそうに飲みまくってくれます。本編の射精回数は10回で、その内の完全な口内射精は8回。残り2回は舌上と口内の融合と裏筋舐めでの射精となります。またごっくんに関しては10発全てを完璧にこなしてくれます。以下で各シーンの大まかな内容をそれぞれご紹介。

 

冒頭(インタビュー)
胸の谷間と美脚が強調されたおしゃれな服装で登場。フェラに関しては「一生していたい」という位大好きということで、好きの度合いが桁違いな印象。実際に二時間ずっとしゃぶっていた事があるらしく、この時に何回抜いたのかは気になる所。舌を見せてもらうと商品ジャケットでも分かるようにとても長くて先が尖っており凄く綺麗。

 

ザーメンに関しては「この人の精子はどんな味がするんだろう…」と考えながらよく飲んでいるそうで、濃くてドロドロしたのをごっくんするのが大好き。これは本編を見ると、女優さんが飲むのが好きな事が本当によく分かるかなと。インタビューの最後の方には「早く本物を舐めたい…」とムラムラして監督の股間を擦り始めてしまうのはちょっと面白い。締めにはディルドを使ってフェラテクを披露。ここではやはり長舌を使った竿舐めや玉舐めが堪らないという感じ。

 

 

シーン1
「おチンチンのニオイがする」と言って一番奥の部屋に入り、ベッドで仰向けに寝ていた男性にフェラ。手袋をはめていた手で手コキをして焦らし、長い舌をじっくり見せつけてから裏筋を舐め始める。しばらくしゃぶって金玉を沢山吸った後、「私が舐めてるとこ一杯見たいでしょ?」と投げかけてから仁王立ちフェラへと移行。

 

いやらしい黒のエナメルパンツをパンチラしながらしゃぶって快感を高めていき、「一杯お口に出していいよ」と言ってから小さくストロークするフェラで口内射精フィニッシュ。一杯出た「苦い」というザーメンは嬉しそうに見せて味わい、水を飲むようにすんなりとごっくん。勃起が収まっていないおチンチンには再度しゃぶりつき、最後まで咥えて離さない。

 

 

シーン2
黒のキャットスーツに着替え、おしっこ臭い男性のデカチンにしゃぶりつくシーン。たっぷり仁王立ちフェラをした後は、背後からのフェラやアナル舐めがあり、これが気持ち良すぎて男性は痙攣。立っていられない状態の彼を便座に座らせると抜きにかかり、射精の予告があると「全部出して」と投げかけてから、笑みを浮かべて少し黄ばんだ大量ザーメンを口の中で受け止める。これを飲んだ後は、おチンチンの残り汁やこぼれたものを残さず吸い尽くす。

 

 

シーン3
エレベーターに乗って最上階に行くと廊下で早速男性を見つけ、彼の太くてデカいおチンチンをフェラ。これを堪能していたら、背後のエレベーターに乗って別の男性が現れ、二つの立派な肉棒を同時に味わうことに。女優さんは興奮してくるとフロントのジッパーを開けてクンニを求め、一人の男性とシックスナインをし始める。

 

この体勢で二本のおチンチンを交互にフェラしている間にクンニでイカされてしまうと、最初にシックスナインをしていた男性をフェラ抜き。後にもう一人の精子を搾り取る。ここでは一部舌上への射精があるが、二人のザーメンはお口でこぼさず受け止めて全部ごっくん。

 

 

シーン4
シャワーを浴びていた男優さんの所に赤いビキニ姿で突撃し、彼をフェラ抜きするシーン。ここではローション手コキや乳首責め、尻コキなどがあり、フェラをするまで長時間焦らしまくる。女優さんは全裸になるとローションを口に含み、ヌルヌルになったお口でカタいペニスを刺激。男優さんがイキそうになると「ドピュドピュ一杯口の中に精子出して」と口内射精を促し、大好きな飲み物を飲むようにごっくん。お掃除はしつこ過ぎるため、男優さんを本気で悶絶させてしまう。

 

 

シーン5
レザーのスーツを着て5人の男性が待っていた部屋に行き、全員のおチンチンを味見してから一人ずつじっくり抜いていくシーン。

 

1人目は最後に味見した男性をソファーに寝かせてフェラ。ここでは咥えずに舐め技をたっぷり味わわせ、裏筋舐めでそのまま射精をさせる。ザーメンはヘソ周りに出たものを全部すすり、おチンチンに付いているものをお掃除してごっくん。

 

2人目は3つのアングルで楽しませるフェラ。これまで通りイカせる前は言葉を投げかけてからノーカットでしゃぶり口内発射。精液は一度手に出していやらしく見せてから「美味しそう…」と言ってこれを口に戻して飲み干す。

 

3人目はチングリのような体勢で待っていた男性に対して口淫。尖った舌をお尻の穴にねじ込むアナル舐めと手コキを交え、辛そうな体勢を続ける男性をお口の中でイカせる。カメラ目線で搾り出したザーメンは「すっごい濃い」と言いながらごっくん。

 

4人目はソファーに座っていた男性の太いデカチンを横からお口抜き。口内射精後は少しこぼれたものをすすり、口の中のザーメンが減っていく様子を見せながら少しずつごっくん。

 

 

最終シーン
待ちくたびれた仰向け状態の男性の精子を吸い尽くすシーン。ここでは少しだけセックスシーンが存在。途中、タイトスカートを自分で捲り上げてお尻を見せながらシックスナインをするシーンがあり、これで欲情した女優さんはパンストの股間の部分を破いてオナニーをしながらフェラ。すると女優さんはフェラチオをしながらイッてしまい、いやらしい顔をしながら素股をした後におチンチンを挿入。

 

しかし、短時間でペニスを抜き、「お口の中にピュッピュッて中出しして」と投げかけてからフェラで喉の奥に射精をさせる。ザーメンを体内に入れた後は、「もっと精子を飲みたい」「もっとしゃぶりたい」と言って更におチンチンを欲する。

 

 

【総評】
本物を追及する監督のこだわりと、女優さんの「フェラ好き」「ザーメン好き」を大いに感じられる名作。全ての射精の前には女優さんが「お口に一杯出して」などと必ず言葉を発しているので、本物の生ザーメンがきっちりと口内に射精されているのがよく分かると思います。以前レビューをした中村日咲ちゃんの「ちんシャブ乙女倶楽部」でも同じような構成になっていました。

 

フェラは長舌を駆使する舐め技はもちろん上手いですが、竿の先の方を小刻みに刺激するストロークが気持ち良さそうで、ほとんどの男性はこれでイッてしまっています。後は射精の受け止め方とごっくんが凄く上手。特にごっくんでは、猛暑日にキンキンに冷えた生ビールを一口飲んだ時のように本当に美味しそうにザーメンを飲んでくれます。

 

川越ゆいちゃんの作品のようにディープスロートを沢山してくれるわけではありませんが、フェラ抜き口内射精が好きな方であれば必ず満足できる内容になっていると思います。

 

作品本編の詳細はこちらから(fanzaへ)