ミニスカでエッチな下半身を強調した君島みおのフェラで口内射精

パンツが余裕で見える超ミニスカを履いた君島みおの下半身や、お口や手を使った抜きプレイをたっぷり堪能できる作品。ご紹介するのはもちろんフェラ抜きのシーン。初めはいきなりは舐めずに焦らしプレイ。白いテーブルの上に仰向けで寝ている男の股間をパンツの上から指で弄った後、生のおチンチンを手と胸で擦って刺激。上半身は乳首が浮き出ているため、着衣ではあるもののおそらくノーブラ。

 

しばらく焦らした後は「舐められるの好きなんでしょう?」と先っぽの方からフェラを開始。序盤からスローなバキュームフェラがとても気持ち良さそうであり、これはずっとしてもらいたいと思えるほど。また、パンチラと口淫を同時に堪能できるカメラアングルも用意されている。テクは流石という感じで、これに必死に耐える男優が声を漏らしまくるのも無理はない。しばらくすると、今度は男をテーブルの上に立たせてしゃぶるシーンにチェンジ。「すっごい我慢汁…」というセリフがある事から、ペニスはもう限界に近づいているに違いない。

 

最後のイカせるシーンは再度男を仰向けにさせた状態でのフェラ。ここではお尻を突き出し、引き締まったエッチな下半身を強調しながらジュルジュルと音を立てつつペニスを容赦なくお口と手で刺激。手コキをしている最中に「イキそう…」と発射を予告されると「いいよイッても」と返してからお口メインで刺激するフェラで口内射精。射精の最中は二本の指で竿をしごきつつ激しくしゃぶっているので、腰が抜けるほどの快感を得られていることは間違いない。これら一連の流れで抜いてもらい、最後に「一杯出たね」などと言ってもらいたいものである。

 

動画の高画質完全版はこちら