卑猥過ぎるお口に肉棒を突っ込まれ口内発射をされる人妻のフェラ

女優名は宮下真衣。チャームポイントは、何と言っても見るだけでエッチな事を妄想させる肉厚な唇。例え唇フェチではなくても、「濃厚なキスをしたい」「とことんフェラチオをされたい」と思ってしまう人は多いのではないだろうか。動画は、そんな彼女のフェラを存分に堪能することが出来る垂涎の内容となっている。最初は仁王立ちでの強制フェラ。乳首を弄られながら卑猥なお口に太いペニスをズボズボと挿入されている。見るとおっぱいはかなりの大きさであることが分かり、下半身も相当な艶やかさを放っている。続いては女優が主導のフェラがあるが、手を使わずにしゃぶると唇のエロさがより一層際立つので、ここは何度も繰り返し見たいシーンとなるかもしれない。また、音の立て方が上手なのが印象的である。フィニッシュに向かう口淫は頭を押さえられているが、終始イラマチオというわけではなく、射精の直前だけイラマ風になり口内射精。かなり苦しそうではあるが「美味しかったですか?」という問いに対してはしっかり頷いているのが好印象。キスやフェラなどの舐めに特化した作品にこの女優さんが出演していたら、間違いなく手に取るだろうと思ってしまうシーンである。

 

動画の高画質完全版はこちら