キスやフェラを交えた介護で原因不明の病を快復させた加藤あやの

男の本能を刺激する献身的な介護で不自由な身体もみるみる回復させる加藤あやの。彼女は見た目の可愛らしさから年齢よりも若く見え、また、とても魅力的な体つきをしていた。あやのは、妻を亡くしたことにより原因不明の病にかかってしまった男の元へ介護士としてやってきた。男は車椅子での生活を余儀なくされており、身体を動かすことはほとんどできず、また、言葉を発することも上手くできなかった。あやのは歯磨きを手伝う際や清拭の際、不自然なほどに身体を密着させていた。特に身体を拭いてあげる時などは自分から男の上にまたがり、腰を動かしながら若干元気になっていたペニスを自分の股間に擦り付けている様にも見えた。このような行為は男を必然的に欲情させてしまっていたが、彼女は身体に触れられることがあっても咎めることは一切しなかった。

 

少しずつ手を動かせるようになった男は食事補助の際、介護士の胸に触れていた。そして若干しゃべれるようになっていた彼は「接吻をしたい」とあやのに懇願した。既に結婚をしており旦那がいる彼女は迷っていたが、斬新な方法で男に濃厚なキスを施した。風呂場での洗体時、あやのは露出度の高い服装をしていた。背後から身体をスポンジで擦ってあげている最中、豊満なおっぱいは男の頭の辺りに当たっていた。例のごとく胸を揉んできた男はキスと性欲処理を要求した。彼女は接吻をあっさり受け入れると、快復するために男が努力した褒美としてフェラチオをしてあげることにした。魅力的な顔立ちと身体を併せ持っていたあやのは、フェラで喜ばせる術も当然心得ていた。彼女は口内に射精をさせた後も刺激と快感をペニスに与え続けていた。

 

※この動画は作品のホルダー様から特別に提供されたものであり、許可をいただいた上で紹介をしております。

 

動画はこちらをクリック

 

動画の高画質完全版はこちら