心身共に救ってくれた男をフェラ抜きしセックスへと誘う戸田真琴

都会の生活に疲れた真琴は、心身を癒すため実家のある離島へと一時帰郷することになったが、そこではあることがきっかけで自分の悪い噂が広まっており、居場所がないという状態になっていた。追い詰められた彼女は生きる気力をなくし山中で倒れてしまう。そんな彼女を偶然発見し助けた男がいた。男は一時的に住んでいるという自宅で意識を失っていた真琴を休ませ、彼女の回復を待つことになった。真琴は丸三日経った後、ようやく目を覚ました。ここがどこかは分からなかったが、庭の方で薪を割っているような音が聞こえたため行ってみた。そこには作業をしている男がいたが、彼が何者かということは分からなかったため「おじさん、誰?」と聞いた。話をやりとりをしている内に、彼が倒れていた自分を助けてくれたということがようやく分かった。

 

少しした後、真琴は男と一緒に食事を摂る事になった。話をしてみると彼は不器用そうだが、怪しさなどは一切ないということが分かった。そして安心感から「もう少しこの家に居ていい?」と男にお願いし、しばらくの間一緒に生活をすることになった。夕食時、真琴は男と話をしていたが、彼はこの島の人間ではなく、自分と同じようにある場所から逃げてきた人間だと分かった。親近感を感じ、また、助けてもらったお礼がしたかったということもあり、真琴は「ねぇ…セックスしようか」と男を突然誘った。しかし彼は「いきなりそんな事言われてもな…」と言いながら落ち着いてその言葉を受け入れなかった。

 

夜遅くになり、男は一人で入浴をしていたが、途中で真琴が「一緒に入ろうよ」と言いながら強引に混浴をしてきた。二人で入るには狭すぎる浴槽に入りながら真琴は、都会で経験した出来事や地元であるこの離島で居場所がなくなってしまった理由を男に打ち明けた。案の定、親身になって聞いてくれたこの男に真琴はますます惹かれてしまった。そして…自分の裸を見て勃起していた彼を立たせるといきなりフェラチオをし始めた。彼女はしばらく気持ちを込めてしゃぶった後、自分から「このまま口でイカせていい?」と上目使いで言いながら男を口内射精へと導いた。真琴は自分のフェラで喜んでくれた男が欲しくなり、入浴後「優しいセックスがしたい」と言いながら彼と恋人のように熱く交わることになった。

 

※この動画は作品のホルダー様から特別に提供されたものであり、許可をいただいた上で紹介をしております。

 

動画はこちらをクリック

 

動画の高画質完全版はこちら