豊満ボディと上手なごっくんフェラで興奮させる玉木くるみの作品

ご覧いただきありがとうございます。今回はAVレビューの第65回目として、2021/01/15にレアルワークスさんからリリースされている「おしゃぶり姫」の内容を詳しくご紹介。出演は玉木くるみさん。

 

 

サンプル動画や作品の詳細はこちらから

 

【概要】
メーカーさんお得意のフェラチオ特化作品である「おしゃぶり姫」の六作目。女優さんは「撮影でこれだけ多くのおチンチンをしゃぶったのは初めて」と感想を述べており、単体でのフェラ特化作品は恐らく初。

 

しかし作品内では、初めてを感じさせないエッチな口淫とごっくんを披露しており、現在のレビューでの評価も上々です。

 

本編には最初のイメージシーンを含めると5つのシーンがあり、射精回数は全部で17回。その内の口内射精は8回です。その他9回の射精の内訳は舌上射精となっています。また、ごっくんに関しては全ての射精に対して行います

 

以下で4つのシーンについて、それぞれの内容を簡単にご紹介します。

 

シーン2(二回連続抜き主観フェラ)
仕事の疲れをフェラで癒してくれるというご奉仕的なシチュエーション。初めは着衣で、服は少しずつ脱いでいき下着姿に。しゃぶっている最中に巨乳を弄られて感じてしまい、女優さんが責められるシーンも少しあり。

 

一発目はソファーに仰向けになった男優を口だけを使って口内射精へと誘う。

 

二発目は「まだ飲み足りない」と言って手を使うフェラで抜きにかかり、女優さんが主導で舌上に射精をさせるが、発射に勢いがあったため精子は顔にも飛び散る。

 

 

シーン3(イラマチオ)
手枷とアイマスクを着けドMになった女優さんが、ハードなフェラチオをさせられるシーン。アイマスクは途中で外されるが、手枷はずっと着けられたまま。

 

二人の男優に喉奥をたっぷり突かれ、それぞれの射精は喉奥ではなく舌上へ。

 

 

シーン4(二回連続抜き痴女フェラ)
セクシーニットを着た女優さんが受け身のM男クンを二度抜き。一回目は焦らし責めをした後に四つん這いにさせた男優を下から仰向けでフェラ抜き。

 

二回目は来ていたセーターを脱いでチングリにさせた男優の顔に跨り、シックスナインをしながらフェラ抜き。射精は二回とも大量のザーメンを口内へ

 

 

シーン5(11人連続抜き)
最初は四人の男優から慌ただしく様々な体勢でのフェラを要求されながら時には身体を弄られつつ、最終的には11人の男優を次々とお口で抜いていくシーン。(一人で二回以上の射精をしている人もいるかもしれないが、途中から男優の顔はほぼ確認できなくなるので不明。)

 

前半は男優が主導になってたらい回しにされ、実際に抜いていくのは中盤頃から。仁王立ちフェラから口内または舌で射精を受け止めるというパターンが多く、発射の内訳は口内射精が5回、舌上射精が6回。舌上は男優が自分でしごいてというパターンがほとんど。一人一人の精子の量は多く、女優さんは全てをごっくん。

 

 

【総評】
好きな事が伝わる豊満ボディを見せながらのフェラとザーメンの扱いがエッチなごっくんの両方に興奮できる良作。モザイクは比較的見やすい大きさで施されており、視聴時にストレスを感じることは恐らくないでしょう。

 

惜しいと感じた所は、最終シーンでは男優が主導のフェラが比較的多いため、女優さんが抜きまくっているという感じがあまりしなかった所です。人数が多いので仕方のない部分ではありますが、女優さんのテクをあまり見る事が出来ず、ここは勿体ないと思いました。

 

良かった所は、主観でも痴女フェラでも二度抜きを見れた所でしょうか。ここではノーハンドでイカせるシーンなどがあり、複数のフェラ抜きシーンに比べると女優さんのテクをより堪能できて良いと思います。

 

以前レビューをした「かなで自由」さんの作品と構成はかなり似ていますので、こちらが好きなら本作も気に入る可能性が高いでしょう。

 

「シリーズを見るのは初めて」という場合は、玉木くるみさんが好きという場合は本作が良いと思いますし、特にそうではないという場合は、先にかなでさんの作品を観るのが良いかもしれません。

 

fanza内での現在の高評価の通り良い内容ではありますが、特にぽっちゃり系の女優さんが好きという方は気に入る可能性が高いでしょう。

 

作品本編の詳細はこちらから(fanzaへ)

 

シリーズ作品のレビュー一覧はこちら