サンプル動画

 

ご覧いただきありがとうございます。今回はAVレビューの第162回目として、2005/5/25にビッグモーカルさんからリリースされている「口淫 Lips」の内容を詳しくご紹介。出演は11名の女優さん。

 

 

作品本編の詳細はこちらから

 

DUGAはこちらから

 

【概要】
今から約16年前に発売されたビッグモーカルさんのフェラ特化作品。

 

当時のレビューではかなりの高評価を得ており、また、シリーズ化もされていて第4弾までリリースされています。

 

発射は口内射精が最も多く、回数は8回となります。

 

残りの内訳は、男優が自らしごいての舌上射精と手に射精するパターン、女優さんの手コキによる胸への射精となっており、こちらがそれぞれ1回ずつとなります。

 

 

 

 

【総評】
10年以上前の作品なので多少の古臭さを感じるものの、上手い人や良いフェラをする人がいるので、今でも抜きネタとして十分使える作品だと思います。

 

個人的な感想になりますが、fanzaのレビューにも投稿がある4人目の愛原莉央さんがとても上手いと感じました。咥え込みの深いクチュクチュと音を立てるフェラが堪らなく、目と耳の両方で興奮させてくれます。男優の喘ぎ声がもう少し控えめで、カメラアングルの切り替わりが忙しくなければもっと良かったと思います。

 

また、9人目のすぎはら美里さんとパッケージのメイン画像になっている最終シーンの萩原さやかさんは、2人ともスタイルが良くてフェラ抜きも安定した良さがありました。

 

気になった所は、モザイクが少し大きめな所と、シーンによっては男優が喘ぎ声を連発し、カメラアングルが頻繁に切り替わるという所です。編集に関してはさほど気になるところはありませんでしたが、商品説明にあるようにノーカットではないため、ここは注意が必要です。

 

現状では優秀なフェラ作品が多数存在し、また、本作は古い作品であるため目立たない存在となっていますが、4まで出ているシリーズ作品となったのが分かるような中々の良作と感じます。

 

作品本編の詳細はこちらから

 

DUGAはこちらから