近所の不憫なバツイチ男を久々のフェラで抜いてあげた可愛い若妻

父子家庭のバツイチ男が、自分を気に掛けてくれる近所の若妻とただならぬ関係を築いてしまうという人気の作品。ある日、男の娘が病気のため学校を休んでしまったが、これを心配して仲良くしているママ友のあずささんがわざわざ男の自宅へとやってきた。彼女は娘のためにと学校で使っている連絡帳とお粥を持ってきてくれた。男はすぐに帰ろうとしていた彼女を呼び止め「よかったらウチでお茶でもどうですか?」と部屋に上がってもらうことにした。しばらく互いの子供について歓談していたが、二人で子供のテストの丸付けをしている最中に密着をする形になり、若妻からは甘い香りがすることもあって男は欲情してしまう。妻と別れてからこういう状況はなかったため、密かにあらぬ期待を抱いてしまっていた。

 

その内、二人の話題はいつの間にか性生活に関する事になっており、「最近はいつしたんですか?」と男は聞いてみる。あずささんの話によると、旦那とは仲は良いものの、半年くらいはエッチをしていないとのことだった。そして彼女はきっと溜まっているに違いないと思った男は「手を握っていいですか?」と徐々にスキンシップをとっていく作戦に出た。更に「ハグをしていいですか?」と思い切った提案をしてみた。すると「一回だけですよ」とあずささんは意外にも承諾。男は抱きしめると興奮のあまりいつの間にか彼女のお尻を強く揉んでしまっていた。

 

男があまりに暴走したため彼女は一度トイレに立った。そいてこれ以上したら後戻りできなくなると思い、「そろそろ帰りますね」と言った。すると、男があまりに寂しそうにするので「じゃあ…もう一回だけハグをしてもいいですよ」と言い、再度自分の身体に触れることを許した。男は押し倒さんとするばかりの勢いで再度あずささんを抱きしめたが、このままではやはり彼の欲望が収まらないと思い、若妻はもう一つ提案をした。「分かりました…口でしますから。それでいいですか?」こう言うと男は嬉々としてズボンを下ろし、すでにテントの張っている股間を彼女に差し出した。あずささんはパンツを下ろすと男はここに来て恥ずかしそうにペニスを隠した。そんな彼に対しては「大丈夫ですよ。大きいんですね。」と言いながら上目使いでフェラをし始めた。

 

彼女は半年振りにペニスをしゃぶったようだったが、あまりの上手さに男は驚いていた。やがて、気持ち良くて立っていることができなくなった。「寝てもいいですか?」と言い仰向けになると「見つめながらして下さい…」と注文をしてみた。これを喜んでしてくれた彼女の激しいフェラにより男は口内射精をしたが、あずささんは射精後もザーメンを搾り出すべく、敏感なペニスをしばらくしゃぶり続けていた。抜いてあげると彼女は今度こそ本当に帰ろうとしたが、これで終わる訳がなく、流されて男の立派なモノを下の口でも受け入れてしまうことになった。

 

※この動画は作品のホルダー様から特別に提供されたものであり、許可をいただいた上で紹介をしております。

 

動画はこちらをクリック

 

動画の高画質完全版はこちら