サンプル動画

 

ご覧いただきありがとうございます。今回はAVレビューの第112回目として、2020/11/07にアロマ企画さんからリリースされている「耳の中にねっとり舌を這わせられながら亀頭の割れ目をまったりしゃぶられ続ける究極の3P焦らされ性感」の内容を詳しくご紹介。出演は8名の女優さん。

 

 

サンプル動画や作品の詳細はこちらから

 

【概要】
耳舐めをしながらの先っぽフェラがメインプレイとなる、アロマさんお得意の逆3Pの作品。

 

フェラをしていない女優さんは耳舐めをメインで行いますが、他には濃厚なキスや乳首責め、言葉責めなどのプレイも行います。

 

また、フェラは作品タイトルにあるように舌で亀頭や尿道をチロチロと舐めるだけでなく、たまに咥えてジュポジュポとしゃぶってくれます。

 

サンプル画像を見ると分かるのですが、男優はほぼ全員がアイマスクを装着。

 

本編には全部で4つのシーンがあります。射精回数はシーン数と同様に4回となり、フェラ抜き口内射精はシーン3で里仲ゆいさんが行う1回のみとなっています。

 

残り3回は手コキで射精をさせます。

 

 

【総評】
耳舐めは中から外まで唾液まみれになる程ベロベロ舐めていて、フェラは尿道舐めがしっかり見られるなど、タイトル通りのプレイは本編内でしっかりと見ることができます。

 

しかし「しゃぶられ続ける」という魅力的な文言がありながら、最後は手コキ射精がメインだったということには、やはり残念だったと言わざるを得ません。

 

射精直前まではどのシーンもいい感じでしたが、終了直前はほとんどのシーンで手コキの頻度が高くなり、そのまま手でイカせてしまいます。これはフェラ抜きを期待している方にとっては最も残念に思う所でしょう。

 

ただ、唯一お口で抜いてくれた里仲ゆいさんのシーンはもちろん良かったです。

 

手コキ射精を期待している人は、初めから「ゆっくりシコシコとしごかれ続ける」というような手コキを全面に押し出している他の作品を視聴すると思うので、フェラをメインプレイにしているのならば、もう少しフェラ抜きを多めに入れて欲しかったかなと思います。

 

せめて先っぽを舐めてそのまま射精をさせるとかがあれば、もう少し違った印象になったかもしれません。

 

というわけで、フェラ抜き口内射精が好きな方は他の作品を選択するのが良いでしょう。

 

耳舐めが好きであり、「フェラは好きだけど最後は手コキがいい」という方には良い作品かと思います。

 

作品本編の詳細はこちらから(fanzaへ)