サンプル動画

 

ご覧いただきありがとうございます。今回はAVレビューの第274回目として、2024/03/21から先行公開されているアロマ企画さんの最新作、『男に生まれて良かった』と心から思える気持ちよすぎフェラチオの内容を詳しくご紹介。出演は13名の女優さん。

 

 

作品本編の詳細はこちらから

 

【概要】
過去作品から10個のフェラシーンを収録したベスト盤。

 

ジャケットメイン画像の女優さんは倉木しおりさんです。本作には7番目に登場し、変わったフェラで大量口内射精をさせます。

 

10個あるシーンの内訳は、1対1の通常シーンが7つ、女2男1の3Pシーンが3つとなっています。

 

本作にはシーン数と同様の10回の射精シーンがあり、その内の口内射精は7回です。

 

残り3回は半分口内射精が1回、手コキ射精が2回となります。

 

以下でピックアップした3つのシーンの内容を簡単にご紹介します。

 

シーン1(君島みお)
君島みお×タイトミニむちむち大作戦」より。

 

仰向けに寝ている、ビキニブリーフを履いたを男の股間を指で優しく刺激。

 

ブリーフを脱がせた後、亀頭の割れ目を弄ったり、胸で刺激したりして焦らす。

 

「舐められるの好きなんでしょ?」と言った後、亀頭を舐めまわしていきなりバキュームフェラ。あまりの気持ち良さに男が声を漏らす。

 

 

手コキをしながらの亀頭舐めやローリングフェラもテクニック抜群。竿を吸引する音でも興奮させてくれる。

 

途中で男優をテーブルの上に立たせてフェラ。口だけでもイカせられそうな抜群のテクニックと美脚を見せる。

 

 

終盤は男優を再度仰向けに寝かせ、お尻を突き出しながらしゃぶって抜きにかかる。

 

右手と口を使った巧みなテクニックに男優が我慢できなくなり、手コキで射精予告があると「いいよイッても」と返し、右手で竿を握りながら口だけで刺激して口内射精フィニッシュ。

 

射精中は指も使って精子を搾り出す。

 

シーン6(水沢つぐみ)
採用基準は《尻の丸み》 就業規則は《黒ストッキング着用》のフェラチオ商事株式会社」より。

 

タイトスカートに黒ストッキング、シャツ姿で登場。オフィス内でキスから始まり、立ったままフェラチオ奉仕。

 

男を椅子の上に立たせてフェラをするという変わったシーンもあり。ここでは下半身のスタイルの良さが強調されており、脚線美、Tバックとパンスト越しのお尻のエロさも堪能できる。

 

 

この後は、テーブルに乗った状態でフェラをするシーンへ移行。

 

ここではパンストを下ろし、お尻を見せながら唾液を大量に出しつつ、ノーハンドでジュルジュルとしゃぶりまくる。

 

 

Tバックのお尻を突き出した四つん這い状態でのフェラを続けていると、「そんなに早くするとイッちゃうよ…」と射精予告があり、これには「出していいよ」と言ってから高速ノーハンドで口内射精

 

しっかり搾り取ってくれるのが特徴で、最後まで可愛い。

 

シーン10(新垣智江)
フェラ尻団地」より。

 

巨乳で巨尻の女優さんが、台所で洗い物をしているシーンからスタート。

 

いつの間にか現れた男優に大きなおっぱいを揉まれてから、仁王立ちでのノーハンドフェラで奉仕。

 

 

お口のストロークは吸引力があり、しっかり奥まで咥えてくれる。竿の丸呑みも可能で、セルフイラマチオを積極的に行う。

 

フェラが余程気持ちいいのか、服の中に手を突っ込まれて胸を揉まれるシーンあり。

 

 

テーブル越しにフェラをする際もノーハンドに拘り、しゃぶりながら身体やお尻を擦られる。

 

終盤は台所に移動。相変わらず口だけで奉仕を続ける。

 

 

吸引力の落ちないナイスなフェラを続けていると男優がイキそうになり、「口の中に出していい?」と聞かれる。

 

これには「うん」と頷いて返答し、口だけで激しく竿を刺激して口内射精でフィニッシュ。

 

ザーメンは流しに出して軽くうがいをする。

 

【総評】
手コキ射精は少なく、しっかりとフェラ抜きをしてくれるシーンがほとんどであり、全体的に良いシーンが収録されています。

 

熟練の巧みなテクニックや美人のフェラ、女性二人による3Pのフェラなど、バリエーションが豊かですので、飽きにくい構成になっていると思います。

 

個人的に特に良かったのは、熟練のテクニックで搾り取るシーン1の君島みおさん、同じくテクニックのあるシーン2の羽生ありささん、商品ジャケットメイン画像の美人で大量口内射精をさせるシーン7の倉木しおりさん、ムチムチボディを見せながらのノーハンドフェラ抜きが興奮度大の最終シーンの新垣智江さんになります。

 

女性二人で責める3Pのシーンでは、8番目のシーンの神野ひなさんと七瀬かれんさんのシーンが最も良かったと思います。このシーンでは、睾丸マッサージとフェラの同時責めをしてくれ、フィニッシュはしっかり口内射精となっています。

 

残念だったのは、シーン3と9が手コキ射精であった所ですが、他がほとんど良かったので、あまり気にならないかと思います。

 

旧作からシーンを集めたベスト盤であるため、管理人はほとんど見たことのあるシーンばかりでしたが、アロマ企画さんのフェラ作品をあまり見たことが無い方にとっては初見のシーンばかりになるため、かなり楽しめるでしょう。

 

作品本編の詳細はこちらから